2009年08月31日

捜し出す言の葉

捜し出す言の葉

君の話す100の言の葉から

一葉を捜し出すよ


君のホントの想いを


知ってるよ 君はそんなにおしゃべりじゃない

なのに溢れ出す

歪んだ言の葉に 君自身が沈み込んでゆくんだ


僕がそこから見つけ出すよ


君の想いを



posted by sagico at 02:00| 想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月30日

誰かの想いに 寄り添って

誰かの想いに 寄り添って


色んなものが多いから
もう 全部全部 預けることにした
わかったんだ 所詮
置いておけるスペースもないのに
手に入れても無駄だって

アレもコレもじゃ多過ぎる

この気持ちも分け合って
誰かがもしも
知っていて くれさえするなら
それだけで
もう持ち続けずに済むだろう

ガラス越しの雨の色さえ 今は暖かく
誰かの想いに 寄り添って
今度はここに預かるから


その想いの傍にいるよ


posted by sagico at 02:00| 想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月29日

窓辺の小鳥

窓辺の小鳥


大概のことなら、


笑い飛ばせる自信がある。







落ち込みやすい君の傍においてくれたら


きっと、役にたつよ。





posted by sagico at 02:00| 想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

後悔の行方

後悔の行方

後悔してからじゃ遅いと
よく耳にするけど

この場合の「遅い」からは
希望が見出せない

本質的には後悔の後、どうするか
が、課題であって
「後悔の味を知る。」
ということにも意味が有る

それが辛いことでも



そうでないなら、一体何処に
未来を見つけ出せるというの?


posted by sagico at 02:00| 想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月27日

風に煽られて

風に煽られて


風に煽られてどうしようもない
気持ちの狭間
冷たさに震えながらも
この泉の底の透明に 心奪われる日々

これでいいのかも、解らない




こんな今
ひどく あの頃の君に叱られたいよ。


posted by sagico at 02:00| 想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。