2010年01月17日

君の答え

君の答え

AとBとで迷うとき
君のいる空に問う
AもBも見つけられずに迷うとき
君のいる空に想う

君ならどちらを選ぶだろう
君ならなんて言うのだろう

優柔不断でかまわない
間違ってたっていいんだ
君の選ぶ答えで生きていたい

君のいない 空の下



posted by sagico at 02:00| 想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

支えられてたもの

支えられてたもの

あなたの街の
見上げても見上げきれない
高いビルの群れ

わたしの街の
水鳥と空と高くない建物の町並み

こんなに景色が違う
こんなに想いも違う
それでも
あなたの好きだった歌
わたしの好きだった歌
同じ歌はそれぞれの空の下
静かに流れて
違う景色を 同じ色に染めてゆく
すれ違う想いを
同じ時間に巻き戻して 染めてゆく

支えられてたものなんて
初めから小さかったのだから
それだけで充分
ほんの束の間
同じものを見ていられた
それだけで充分

posted by sagico at 02:00| 想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

明日のじぶん

明日のじぶん

わたしの中で
“許せないこと”と“許したいこと”は
同じ

許すことが出来たら
明日のじぶん
ふわりと軽やかな気持ちだろう
きっともっと背筋も伸びて
地に着く足の感覚も
春の芽吹きを感じるような
心地いいものだろう


posted by sagico at 02:00| 想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月07日

時を駆けて

時を駆けて

ホントに必要なものは
失くしてしまっても
きっと幾月かの時を駆けて
形を変えてでも
また出逢える

だから今は歩いてあるいて
時を渡ろう
大事なものを見落とさないように
未来に出逢う その時に
相応しい自分であるように

posted by sagico at 02:00| 想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

さよならが好きな人

さよならが好きな人


きっと君は
さよならが好きな人
切なさの情感が与えてくれる
何かが好きなんだろう
傷なんて飾りみたいなもんで
痛みよりも強い記憶で
きっと次へと向かうんだ

上書きなんてしたつもりでも
一度メモリに入り込んだそれは
消えたりしないのに

きっと君は
さよならが好きな人
信じない素振りで 時々泣いたりして
その胸についた小さな飾りは
君を素敵に見せるのだろう

それを見る度
痛む誰かのことなんて
思いもしないで
また同じ
さよならを繰り返すのだろう

posted by sagico at 02:00| 想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。